皮膚病と治療法

皮膚病と治療法

皮膚病は、全身に同時に広がるような場合は別ですが、一か所から始まるようなときは、初期の対応が非常に大事です。かゆくても掻きつぶさないことです。掻きつぶした傷口からばい菌が入り込み、アレルギー反応が起きて、周囲にどんどん広がっていくことがあるからです。

 

かゆみが強い場合は、周囲も掻きつぶし、それがやがて全身に広がってしまうこともあります。これを防ぐには、思い切って初期の時点でステロイド剤を使うのも致し方のないことです。塗る面積が小さい段階なら、それほど副作用も起きません。皮膚病が全身に広がったら、いずれにしても、進行を止めるのはステロイドしかなくなり、ステロイドを内服する必要まで出てきます。外用薬だけで済む段階で、ステロイド治療を始めるのもひとつの方法です。

 

たしかにステロイドには、副作用の危険があります。激しい症状が出なくても、骨は弱くなりますし、皮膚も薄くなったりします。しかし、皮膚病が悪化の一途をたどっているときに、進行を食い止めることができるのはステロイドだけです。

 

ステロイドを避け、尿素クリームや抗ヒスタミン薬でなんとかしようとしてみても、効果がなかった場合は仕方がありません。悪化して全身に広がる前に、短期集中的にステロイドを使うのはやむをえないことでしょう。できれば外用薬で済むうちにステロイドで進行を止め、改善の兆しが見えてきたら、徐々にステロイドを減らしていくのが良いでしょう。

 

◎スキンケアに関するリンク集

 

顔の毛穴をなくす方法 大人ニキビの撃退法